ライセンスがなくてもダイビングができる、慶良間の体験コースは何をするのか?

慶良間でダイビングをしたくても、安易にライセンスの取得を目指していいのか分からないですよね。
いくらアクティビティに盛んでも、自分に合っているかどうかというのも確認もしたいはずです。そういう場合は、ライセンスが無くても潜ることができる体験ダイビングがおすすめです。ダイビングショップでも数多くツアーなどで用意していますが、慶良間で体験をすることで、浅瀬でも間近で魚などを見ることができます。

ボートダイビングがメイン

コースはシュノーケリングとダイビングを混ぜたものが多く、どちらも水中で鑑賞したり、自由に泳ぐことができます。基本的には、ボートダイビングがメインなので、最初は水面が恐怖になるかもしれません。
しかし、呼吸が慣れてくると、何度も潜るのが怖くないので、十分に満喫できます。
また、希望によってはビーチダイビングに切り替えることもできます。

慶良間の水中を堪能できる

eeregr
慶良間の海と他の海は表情が違います。
少人数制の体験をすることにより、どんな魚がいるかも知ることができます。慶良間の海を知ることで、「潜ってみたい」と思うのではないでしょうか。実際に潜りたい海を体験することで、ライセンス取得も考えるかもしれません。

普段では味わえない光景を目にすることができる

体験コースは大体が2回潜ることになります。1回目はそこまで上手にならなくても、2回目になると、呼吸法が慣れ泳げるようになります。
体験コースを受けることにより、普段とは違う光景が目の前に広がります。マリン系アクティビティをするためにも、実際に水中に入った方が分かることは沢山あります。
もし、ライセンス取得などで迷っているのでしたら、慶良間での体験をするのをおすすめします。その方が水中にいる実現性という面でもすごく高くなります。
これからダイビングをしたいと思う時、先ずは体験ダイビングからスタートすると良いと思います。
体験ダイビングなら、慶良間でもその他のダイビングポイントでも行っていますし、何と言っても丁寧なサポートがあるので安心して潜る事が出来ます。おすすめのポイントを慶良間ダイビングポイントマップを参考に潜ってみてはいかかですか?

体験ダイビング

慶良間を含むダイビングポイントで体験ダイビングをするなら、日帰りのプランよりもステイ型のプランの方が良いと思います。
予算や日程の都合もあるかと思いますが、ステイ型のプランの方がメリットが沢山あると思うのです。
先ず、体調面では、ダイビング後と言うのは思いのほか疲労感を感じるもので、日帰りよりも、ゆったりと休む事も出来ますし、翌日もまた違うポイントで潜る事も可能だと思います。
次に、沖縄へ出発する前に、事前にダイビングポイントを選べる他、インターネットからの予約で割引が適用になったりします。
体験ダイビングと言っても、料金は少しでも安い方が良いですし、じっくりとポイントを事前に選ぶ事が出来るので、自分の理想に近いダイビングを楽しむ事が出来る事でしょう。
tgea
そして、体験ダイビングの最大のメリットとして、ダイビングに必要な機器をレンタルする事が出来る点が挙げられます。
ショップによってはレンタル不可であったり、一部レンタル可能で会ったりと様々ですが、ほとんどのショップはレンタルが可能だと思います。
更に、複数人のグループで申し込む事により、更なる割り引きが適用になる事も考えられます。
ライセンスが無くてもこうした体験ダイビングなら、有名な慶良間を堪能する事も出来ますし、ライセンス取得へ向けてのアドバイス等もして貰えるので、ステイ型のプランの方がじっくりと楽しめると思うのです。

更新情報